非会員の創価大学卒業生が綴る日記(2011年10月14日更新停止)


by sinanamachi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
この「創大生の日記」をご覧頂いている皆様へ。


●告知要旨



□このブログの更新停止
□このブログテーマを含めた発展的停止、ゆえのブログの引越し
□コメントについては従来通り行う
□新ブログにおいて、このブログでのコメントの代用も可能
□新ブログ URL の 告知(本日を持って終了しました2011年10月16日)




いつもこのブログをご覧頂き、ほんとうに有難うございます。m(__)m



以下の理由から、このブログでのエントリーについては更新停止させて頂くことに致しましたっ♪



理由)


1 エキサイトブログさんでは書籍とかを紹介したくともちょっと難しい。ややこしい。エキサイトブログさんの使い勝手があたしが紹介したい内容を紹介するには馴染まなかったこと。


2 このテーマでの書きたいことは書いた。でも、いつもこのテーマだけを考えなければいけないので、正直、飽きてきたこと。ネタがなくなってきたこと。


3 とはいえもっと突っ込んだことも書きたい。その場合は、このブログタイトルだと、いろいろややこしい軋轢が生じそうなので、長い人生、そういったことにかかわりたくないこと。


4 ゆえに「創大生の日記」から別ブログへと発展的停止、ブログ移転を行うとの結論に達した。


5 前々からやりたかった匿名の一女性、個人として、このテーマも、日常も、ちょっとというかかなりアダルトな内容も含んだそれにしたほうが、あたしの労力も軽減できる



以上、ですっ(ビシッ キリッ 学会風に)




上記、理由のうち、アダルトな内容を含んだそれは、エキサイトブログさんでは、禁止事項になっているので、そうした背景もあります。




なので、他ブログ会社のブログに移転することに致しましたっ!


なお、アダルトを含むそれへの誘導は禁止だそうですので、今日から2・3日間ほどの期間、移転先URLを、More欄に記載しておきます。




またコメントについては、コメントを頂いた場合、メールが届くように設定しておりますので、こちらにコメントを頂いても構いませんし、新ブログのほうに、コメントを頂いても結構です。

どうぞよろしくお願いいたします。m(__)m



これまでお付き合い頂きました皆様、ほんとうに有難うございます。


新ブログのほうも、よろしくお願いいたします。


もちろんこのテーマも含みますが、さまざまな内容を織り交ぜたブログというか裏ブログにしていきます。



PS このブログでなにがしかのトラブルがあったとか、素性バレしたとか、そういったことはありません。
また、コメントを頂いている皆様とのトラブルとかもありません。あくまでも上記理由によるそれです。

More
[PR]
# by sinanamachi | 2011-10-14 23:17
う○こまみれ、

スカトロのSMの意味ではない^^;


嫌った人間を徹底的に罵倒し、客観的な第三者も、その嫌った人間とのかかわりをためらわすほど、罵詈雑言とそのほかいろいろなアクションで兵糧攻めすること。


う○こまみれだから、たとえその人がほんとうはまっとうなことをいっていても、周囲は、ぢゃあ、そのうん○を落として、洗ってあげよう、とは、いえないくらいにまで攻撃する。。。。


おお、こわっ。


追記;あたし、これ、どこの団体とか、具体的なはなしは、けっしてしてませんからねーっ 信濃町官僚のみ・な・さ・ん、そこんとこヨロシクねっ
[PR]
# by sinanamachi | 2011-10-13 21:41
そうでないのだし、あたしの場合、いまでも学会の会合とかお誘いいただけるけど、非会員で、たまに物見胡散で行く程度。

もし、変なルートであたしの素性がバレても、しらない、他人ぢゃあないの??? ハァ? で やり過ごせばいいか。


ウンウン。


昔、創大工学部出身者だったかが、電話盗聴したとかの事件、あれは、たしかに創価学会さんが関与していたものではないかもしれない。


でも、プライベートでも、創価学会のうえのほうにいる役職の人からの言葉って、メンバーにとっては重いんだよね。

そういうのもちゃんと考えなきゃ。
[PR]
# by sinanamachi | 2011-10-13 21:38

久しぶりのお江戸、東京

お仕事でお江戸、東京に今朝、いちばんで。

やってきたのは、創大生なら当然、行こう、信濃町っ!


ぢゃあなくて、お仕事で日比谷近辺を。


今日は、1週間ぶりに旦那様と逢えるっ!


お互い、忙しいからね。


ああ、でもっ、忙しいから、新鮮でいいかな? ウンウン


旦那様もあたしも似たようなお仕事。


今日は、いっぱい甘えようかしらんっ。。。うふふ


創大時代のお友達は、あたしがこんな仕事してて、こんな旦那様と結婚したなんてことを知っている人は、ほとんどいないんぢゃあないかしら。


やっぱりどっかメンバーの人とは、結局、打ち解けられなかったけど、その分、よく勉強する時間はあったかな。


しかし無線のノーパソで、ホテルのロビーで、こうしてブログ書けるなんて、あたしが学生時代のときは考えられなかったなあ。
[PR]
# by sinanamachi | 2011-10-13 21:34
でも、こんなブログにコメントいただけたり、見ていただける方が多いなんて、ほんとっ嬉しいですっ!


さて、コメントついでの、エントリーを。



あれは、あたしが大学3年くらいのときだったかな。


中央図書館の帰り、駐車場に向かって歩いてたのさ。


当時、あたしは自動車通学。


ある、きっつい男子と女子の、いわゆる宗教バカ系の学生から、


「てんりん会」とかっていわれたけど、それって車を提供するなんかグループとか。

はっきりいって、そんな言い方、すげえ不愉快。



んでさ、中央図書館の帰り、文学の池で、カップルがいたのさ。


んで、ふと、みるとベンチから立ち上がる。


おんやぁ? と、思うと、突然、接吻をはじめたのさっ。


か~っ、やってくれるね、って、感じだったわさ。


あたしの頃から、だんだん、そんな感じになってきてたかなぁ。


ま、Y全国男子部長さんからして、か・な・り、頑張ってらしたから(なにを頑張ってたのでしょ?)、まあ、いいんだけどね。



あとは、あれから、B棟の中がガラス越しにみえたから、うんっ?って、思ったら、これも男子が女子にキスっ!


やってくれるねっ。


つーことで、今日は、創大キャンパスラブの前振りでした。


あと、ひとつ、ふたつ、こういう話は、もってますよんっ。


気が向いたときにでもエントリーしま~すっ!



んでも、このブログ、大勢の方見てくれてるのは、ほんとっ、有り難いけど、仕事のHPは、ほどほどなんだよね。


それだけ創価学会への注目があるってことなのかしら?


あっ、でも、趣味の日記よりは、こっちのほうが見てる人はすくないかなぁ。


まぁ、ジャンル違うしね。
[PR]
# by sinanamachi | 2011-10-12 23:05
あたしが在学中、法学部だったかな、で、かな~り、大掛かりなカンニングがあったなぁ。



六法持ち込み可の試験で、六法に書き込みしてたのがバレたというやつさ。



なんかさ、創大生って、池田先生、創立者のために、っていいながら、そういうところがだらしないっていうか、F取り、選挙、学会活動、折伏に走り回ってれば、単位落としてもOKみたな雰囲気あったわね。


いまもそうなのかしらん?


でさっ、カンニングみつけた試験監督、まあ、院生のバイトと教授だったらしいけど、そのカンニングみつけたほうが、悪いって、いうのよね。


学会のためにはしりまわってるんだから、こんなこと(大学の勉強)より、もっと大事なことがあるだろっって。


そういうこという創大生多かったけど、そんなに学会活動したいんなら、中退して、活動専業すればいいじゃん。って、あたしは思ったわけさ。


でも、そんな雰囲気に追い込む、大学っていうか、学生の大勢を占める創価学会って、組織も、ちったあ、考えないといけないと思うよ。


最近は、そうでもないって聞くけどね。


んでも、そうでもなくなると、学会の結束が弱くなったか。

痛し痒しね。
[PR]
# by sinanamachi | 2011-10-12 21:31
非会員なのに、本部幹部会と座談会までお誘いいただきました^^;;


せっかく、お誘いいただいたのだから、お礼はしっかり申し上げますっ


お誘い頂き、有難うございましたっ!m(__)m



そうね、仕事忙しいけど、まあ、ボツボツやってる仕事だから、見に行ってみようかしらん。

でも、あの手荷物検査がね。ほんとっ、不愉快。


非会員だと、ほんと中までがさごそするしね。

ボディチェックまでしたら、もうキレるわよ。



こういう事実をさ、ジャーナリズムというのなら、週刊新潮さん、週刊文春さん、週刊ポストさん、しっかり書いてよ!


いつでも情報提供させていただきま~すっ!


あ、もちろん、聖教新聞さんでもいいわよ。


聖教新聞さんの社説で、


「会員も非会員も、学会の施設はいる前は、かばんのなか覗きます。ご理解ください」

って、まあ、紙面に余裕があれば、書いておいてね♪
[PR]
# by sinanamachi | 2011-10-12 20:37
日本語が通じる外国って、おもえばいいんじゃん?

だから価値観とかも違うわけよ。


そう、だから普通の感覚、つってもなにが普通かはさておき、それでもいまあたしたちが生活している社会の多数を占める常識というか、コンセンサスを得られるそれとは違う価値観、常識で生きてる人たちと、あたしは理解してるわけよ。


そう思うと、すげえ面白いとおもわない?


あ、これ、別にどこの誰って、話はしてませんからね。
[PR]
# by sinanamachi | 2011-10-12 09:27
ふと思い出したんだけど、創価学会板曼荼羅事件って判例あったわね。

ご本尊様として拝んでるといえばいいのかしら。

それのことをまあこう六法では表していたと思うのだけどね。



んでさ、このご本尊様、あまりあたしでもこういう表現したくないんだけどさ、つまりは最初にこれをこしらえたというか商品化したのは、まあ鎌倉時代に遡ってもいいけど、日蓮大聖人なわけさ。


もっとひらたくいうとお寺、創価学会さんが嫌っているご宗門さんなわけね。


んでっ、創価学会っていうのは、まあ、お寺に集う檀家さんっていうか、信徒のみの集りなわけよ。



この信徒団体である創価学会さんは、会員を皆、ご宗門にも属させてたわけね。
もともとは。


でもって、当然、創価学会さんは、新興宗教ではなく、信徒団体なんだから、会員のご本尊様はお寺から譲ってもらうことになる。


つまり宗門のご本尊様を、創価学会という仲介業者が、消費者(=利用者、つまりは創価学会員ね)に渡す。


んでも、創価学会はいろいろな事情、まあ、これは宗門にも、言い分があるでしょう、から、宗門、つまりお寺と喧嘩別れした。


となると、創価学会員にお渡しするご本尊様は、お寺とは関係ないわけさ。


そうなるとどうなるわけ?


創価学会独自でご本尊様をつくって学会員の方にお渡しするのは、それはそれで別に、あたしのしったことぢゃあないけれど、今の時代、ご本尊様を商品というのも変な話だけど、もし似たような形状のそれとか、あるいは宗門がつくったそれを、無断で配っているのであれば、???とならない。


だってさ、こんなブログでも、いまや法律がうるさくてね。


他人の文章を勝手に引用して、それで利益を得たら、そら問題。
他人の写真を勝手に使っても、肖像権と著作権などなどの知的財産権の侵害になるわよね。

もちろん創価学会さんもそのあたりの対策はしてらっしゃると思うけど、でもさ、お寺と喧嘩別れしてからも、創価学会のメンバーにはご本尊様をお渡ししているようだけど、それって使用料とかそんな問題はどうなってるのかしら?


もっとも創価学会は、信徒団体ではあるけれど宗教法人格を持っているわよね。

だから自前で崇拝物をなにつくってもいいのだけれど、似たような形状のそれだと、それは絵でも、写真でも、著作物でもさ、パクリの謗りをうけて、知的財産権の侵害といわれる時代だから、そのあたりどうなのかしら?


是非是非、創価学会さんとご宗門には、HPのQ&Aででも、こっそりUPしておいて頂きたいわね。


みてるんでしょ? 本部のみ・な・さ・ま♪


よろしくお願いしま~すっ!



んでもさ、どう創価学会さんとご宗門のいさかいに至る経緯、説明されても、ちょっと学会の人には悪いけど、というか気の毒には思うけど、ご宗門と喧嘩別れしたら、もうそれは単なる新興宗教でしょう?


ご本尊様といっても、ええとどこだ、富士山だっけの大ご本尊さまを拝めないのなら、これは日蓮宗とか日蓮正宗の形を借りた新興宗教なのでは?


あ、もちろん、あたしはそれが悪いなんていってませんよ。どうなのかな~?って、思っただけ。



あ、んでっ、なかがな書いたけど、


キリスト教といってもさ、統一教会はキリスト教に名を借りた別の宗教、新興宗教だよね?(もちろんこれが悪いなんて、あたしいってませんよん)


それと同じじゃないの? そう思えば、話が早いけど。


もちろん、それが悪いなんて、あたし、いってませんよ!


でも、創価学会さんの場合、ご本尊様主軸といっても、お寺と喧嘩したうえでご本尊様主軸といってもねぇ。

なんかちょっとあたしは引っ掛かりが。


なので、ここはもうはっきりと池田先生を拝む、で、いいんじゃないの?

そう思ってる会員の人って多いと思うし、多分、学会で熱心な人は、みなそうなんじゃないかしら。


と、あたしはおもうわけさ。


そうなると、お仏壇に池田先生のお写真?


う~ん、ちょっと縁起でもないか。


困ったわね。。。。。


んでもっ、前にも書いたかもしれないけど、変に、日蓮大聖人を持ち出すよりも、もう宗教家・池田大作を拝む、嫌な人はやめるか、お寺に帰る、これでいいんじゃん?
[PR]
# by sinanamachi | 2011-10-11 01:29
もう世間から相手にもされてないってことぢゃあないのかしら?


そういえば今週は、本部幹部会の同時中継があるのね。


お誘い受けてるから、いってもいいけどさ、録音しても、別にたいした話でもないし、撮影とかは禁止とかいってるから、まあ撮影はしないけどさ(してここでUPしたら、即、信濃町が文句言いそう^^;)



そうね。持ち物検査の際、カバンのなかにびっくり箱でびよ~んもいいのだけれど、た~くさん、アダル○グッズとかコンドー○とかそういうの入れてたらどんな反応するかしら。


んでも、あたしが変な人って思われるわね。




昔、八王子のびっくりドンキーで関西創価出身の男子寮生たちとご飯食べに行ったとき、オーダーのときにね、


「ねぎミソラーメン」


とかいって、ウエイトレスさんを困らせていた人いたなあ。


あの持ち物検査だけは、会員の間でも評判悪いのはたしか。



でもさ、実行犯、もとい、検査係のお姉さん(時間帯によってはおばちゃんやおじいさんがしているところも)には罪はないのだから、なんか笑えるものがいいわね。


ちょっと考えておきま~す(ビシッ キリッ 学会風に)♪
[PR]
# by sinanamachi | 2011-10-11 00:54
リンクしてくださってる方もいらっしゃるのでいいにくいけどさ、はっきりいうねっ!


キモいっ!



いやならやめればそれでおわりじゃんよ。


んじゃあ、あたしがなんでこれやってるかって?

まあ、中立?な立場で、創価学会さんに詳しい者として「正しい創価学会」をお伝えするという崇高な趣味ですよん。



でも、正直、最近の創価学会さん、あんまりネタがないんだよね。


でもね、お金の流れとかみていると、結構、おもしろいんだよね。


山田直樹さんって人がその辺り、よく書いているみたいね。
[PR]
# by sinanamachi | 2011-10-10 19:55
ある女性で幸せになりたいと思って学会に入った人がいたんだって。


あ、ネタみたいな話だから、そのつもりで。


その女性は、経済苦からソープ嬢として働いていたのよ。


んでさ、ある学会員が、女子部だかなんだかの幹部に相談しろといって、本人は気が進まないのにその学会幹部で職員、つっても、20代後半くらいだろうね、に、相談したんだって、



「(ソープでの)仕事やめたい」


って。


そしたらね、その女子部幹部の本部職員が言ったんだって。



「いまいるところが使命だと思って頑張りなさい。いまいるところで頑張れなくてどうするの!」


って。


恐らくうちの大学、創価大の卒業生だと思うけどさ、まあ、これが事実としてという前提で、こういうこといいそうな土壌はあるんだよね。


清浄すぎるというかなんというかさ。


ソープ嬢に使命を感じて、って、いうほうもいうほうだけど、それ以上に、あたしの推測だけど、ソープってものを知らないんだろうね。きっと。



もうちょっと世間を知らないと、まずいよ。ほんと。
[PR]
# by sinanamachi | 2011-10-09 22:36
決定権を持ってないからでしょうね。きっと。


本部の職員もそう。


ウエの許可を得て、って、顔色伺ってるもの。


最近は、さすがにそんな雰囲気がヤバいってかなりウエの人も思ってるみたいよ。
[PR]
# by sinanamachi | 2011-10-09 22:31
非会員なのに本部幹部会にお誘い頂きましたが手荷物検査とやらでカバンのなか開けて、調べられるからね。

中の雰囲気みても、もうネタもないんだよね。


あれ、You Tubuで創価学会がUPしたほうが、いいんじゃない?

そしたら仕事とかで来難い人もみられるし。


それに全国の会館で数日間、電気つけて、人用意してって、いうコストも節約できるでしょ?


そのほうがいいんじゃない?


だって、いま本部幹部会っていってもさ、ほとんどの人が退屈そうにしてるよ。

昔は、池田先生のスピーチの時間にあわせて、みんなきてたけど、幹部の人の話って、あたしのような非会員からすれば「えっ? こういうところなの?」って、話が多いんですもの。


「ああ、坊主の問題は、どうってことないから」
「池田先生のいうことを聞いてれば間違いない」
「選挙で勝利して」

とかさ。


なんかね、みんな仕方なくやってるって、雰囲気アリアリで、そういうの外から見てるとおもしろいんだよね。


っていってもさ、あたし、会員の人からゲストとして呼ばれてるんだからねっ^^


わざわざ来たゲストの手荷物を検査するのが、創価学会さんの接遇なのかしら?

カバン開けたら、びよ~んと飛び出すびっくり箱でもいれておこうかしらね。



今月はたしか13日から数日間、あるみたいね。
[PR]
# by sinanamachi | 2011-10-08 03:02
親しくしていたお友達の一人、いまはどうしてるかな。


大学時代の工学部の女の子だけど、たしか中学の先生になったはず。


その彼女はいわゆるバリバリの女子部って感じの子だったけど、大学4年のときかな、いってたもの。


「大学に篭ってたらだめ。外にはいっぱいおもしろいことがあるっ」


って。


あたし、思うんだけど、はっきりいって創大や創価学会の人って、結束が強すぎて、なんていうのかしら。

田舎、村社会って感じなんだよね。


でもって、大学作って、客観的にみれば、それなりに優秀な人も多いけど、その優秀な人が1部上場企業とかまあそんな就職先で外を見ると、かえって中のアラがわかったんじゃないかしら。


それと同時に学会そのものが時代の波にもまれて衰退の一途を辿ってる。


今、ほんとに学会活動してる人って、外から見ていると、


世間知らずのおばちゃん、主婦
宗教バカのフリーターども
社会でうだつのあがらない、社会で通用しないサラリーマン
時間に自由が効く自営業者

ぢゃあ、ないかしら。

この人たちが学会を支えているわけさ。


創大は発展して、世間では今はもう高い評価を得てるけど、実社会で高い評価を受けた人って、学会的にはあんまり活躍してない人のほうが多いのね。

ウエとしては気分悪いと思うよ。



あ、ここまで書いててさ、思い出したのが旧ソ連とか北朝鮮。

締め付けすぎてさ、海外とかと交流する外交官とかパイロットとかインテリ層とかは潜在的亡命者だから上は困ってたって話し。


そっから考えるとさ、もしかしてこれから創価学会を発展させるためには、インテリ層の囲い込みは、もういまのままでは無理でしょ?


そうなると都合のいい人を囲ったほうがいいわね。

創大もそう思うと、ほんと学会が経営している大学として、あまりウエは期待しないほうがいいんじゃないかしら。

でも、大学自体は発展してるけどね。


客観的にみて、創価大学は、もう学会幹部でそんなにお勉強ができないわけでもないっていう坊ちゃん、お嬢ちゃん大学って位置づけになりつつあるわね。


あたしでもいわれるもの。


「創価大出身ですぅ」

「あ、じゃあ、親御さん、学会の偉い人?」


とか。そんな感じじゃない?


別にそれがあたしは悪いとは思わないけどね。



あ、そうそう、これみてる本部の方、そんなに目くじら立てなくても大丈夫ですから♪

無害な主婦兼専門職のちょっとしたブログ^^


主婦の探偵、ルポライターごっこと思ってくださいな。よろしくお願いしま~す!(学会風に)
[PR]
# by sinanamachi | 2011-10-07 00:37

あたしが答えてやるっ!

13 ■無題

私は高校生ですが、貴方の考え方には疑問を持ちます。本当に愚痴なのでしょうか。ただの自慢なのでしょうか。バカにし罵るためだけの罵声なのでしょうか。違うと思います。そのように思うのはちゃんと理解できてないからだと思います。なぜ離れていくのでしょうか。創価は今やたくさんの会員がいます。創価の考え方がうまく理解できていない人もたくさんおり、内部が乱れることもあるでしょう。しかし師や創価の考え方を深くまで理解し、乱れを正していくのも私たちの役目ではないでしょうか。創価は言われた通りにしてればご本尊が自分を幸せにしてくれる受け身の宗教ですか。違うでしょ。創価は祈りをもとに自分が自分自身や周りを良く変えていく宗教です。疑問を持ったからといって、師や創価を疑い、内部を正そうともせずに離れていくのは間違ってますね。

ある創価大学生の日記
http://ameblo.jp/soka/entry-10020605176.html#cbox から転載☆




このキモいコメント、あたしが切ってやる(切る:叩き切るとか折伏?とかの創大生用語、言葉でボカスカにすること、言葉の暴力を振るうって意味かな?)


>本当に愚痴なのでしょうか。ただの自慢なのでしょうか。バカにし罵るためだけの罵声なのでしょうか。

日本語がわかれば、あれはただの自慢、バカにし罵る罵声、それ以外ないでしょ?^^

>創価は今やたくさんの会員がいます。創価の考え方がうまく理解できていない人もたくさんおり、内部が乱れることもあるでしょう。

この時点で終わってんじゃん^^v それにたくさんいるけど、たくさんかつどうはしてないぞぉ!

>そのように思うのはちゃんと理解できてないからだと思います。

理解する必要もない。ならオウムのアサハラの言葉も理解すれば意味あるの?
こういうところが人の気持ちを利用する恫喝なのよ。


>なぜ離れていくのでしょうか。

いやだから^^ 人間、居心地のいいところにいくもんさ

>乱れを正していくのも私たちの役目ではないでしょうか。

弟子に教えてもらう師匠なんていらねえつーの!


>疑問を持ったからといって、師や創価を疑い、内部を正そうともせずに離れていくのは間違ってますね。

そこまでお付き合いできるほど、人生長くないの^^ 同じことオウム信者にいえる???
[PR]
# by sinanamachi | 2011-10-06 02:37

ちょっと大丈夫???

13 ■無題

私は高校生ですが、貴方の考え方には疑問を持ちます。本当に愚痴なのでしょうか。ただの自慢なのでしょうか。バカにし罵るためだけの罵声なのでしょうか。違うと思います。そのように思うのはちゃんと理解できてないからだと思います。なぜ離れていくのでしょうか。創価は今やたくさんの会員がいます。創価の考え方がうまく理解できていない人もたくさんおり、内部が乱れることもあるでしょう。しかし師や創価の考え方を深くまで理解し、乱れを正していくのも私たちの役目ではないでしょうか。創価は言われた通りにしてればご本尊が自分を幸せにしてくれる受け身の宗教ですか。違うでしょ。創価は祈りをもとに自分が自分自身や周りを良く変えていく宗教です。疑問を持ったからといって、師や創価を疑い、内部を正そうともせずに離れていくのは間違ってますね。


ある創価大学生の日記
http://ameblo.jp/soka/entry-10020605176.html#cbox から転載☆



この発想すごく怖い。


これは上記「ある創価大学生の日記」のブログマスターへのコメント。
では、このブログマスターは何を書いたのか。



2006-11-27 03:38:12
学会の中で何かが起こっている?
テーマ:創価学会
ご無沙汰してます、シュウです。
最近、少し気になることが出てきたので、書いておこうと思います。

本部幹部会
年初くらいから参加できていないのですが、内容を知り合いから聞く限り先生の口から秋谷さんを罵倒する場面があったり、とにかく共感できない言葉がたくさん聞かれるようになったみたいです。大学で直接スピーチを聴く場面があったので、何となく想像できました。幹部や教授に対する愚痴、または自分の自慢。本当にこの人のことを信頼していいのだろうか?と思ったことは多かったです。本幹はスピーチの一部はカットして放映されるので、カットしてもこういう声が聞こえるのは相当だったのかなと感じてます。

友達や組織の変化
自分のまわりの友達に、学会の現在のあり方に疑問を持ったり、第一線から一歩引く形を取るメンバーが出てきました。理由はそれぞれですが、とにかく活動で疲れ切ってしまったり、相当ストレスを溜めて弱っていた様子のメンバーもいれば、冷静に今の学会の現状を見つめて、これは協力すべきではないと決断している人もいました。

ブログへのアクセス
ほとんどリンクは貼っておらず、ついに先日google検索から外されてしまった様子のこのブログですが、日を追うごとにアクセスがなぜかだんだん増えてます。学会に興味のある人が増えているのか、学会に疑問を持つ人が増えているのか・・・?ほんとにかなりの数の人がいらっしゃっているので、少しびっくりしています。

特に目立った気付きだけ記していますが、ここ数ヶ月の間に、身近なところで、おや?と思う場面によく出会うようになりました。

みんないろいろ、思うところがあるのでしょうか。

たぶんこれは一過性のものではなくて、このまましばらくいろんな出来事が続くと思います。ただ何となく、兆しのようなものを感じてしまったので、書き残しておきますね。



引用元はお・な・じ^^


2006年の時点では、もうこういう風に思っている創大生がいてブログしてるってことは、
結構、同調している人多いと思うよ。


だってさ、この頃の本部幹部会で創立者、池田先生って、ただ「あれも私がやりました」机バンバンで自慢話のオンパレード、それを婦人部と呼ばれるおばちゃんが涙流して有り難がって聞くって、構図だったよね。


「おいっ、秋谷、あれ、これっ」


とかって、とても悪いけれど、素直に尊敬できる人は、よっぽど???な感じするけど。



んでさぁ、もしかして今学会の中でなんかあるんじゃないかなとあたしは思うわけさ。


賢い幹部なら、池田先生の威光をうまく利用して、そろそろ次を考えてるとかね。

具体的には、あたしも想像つかないけどさ^^;


つーか、見方変えれば、宗教タレント 池田大作 ってキャラで、ファンを集めてるビジネスという感じもするわね。

あ、もちろん、これはあたしの見方。

んでもって、これが悪いとかそんなことはいってませんよ。


そういうご商売だと思うし。


それにわが国の法令に触れるようなことをされているわけでもないのだし。

あたしからみたら、そうみえた、って、だけのお話です♪
[PR]
# by sinanamachi | 2011-10-06 02:27
創価大はだいたい9割5分くらいが学会員の学生が多いけれど、信仰心の度合いは人それぞれ。

なかにはまったくやってない人もいるし、卒業したらやめると公言していた人もいたかな。

ただやめる、やめる、勤行もしてません、って、人が、創価大出身で地方議員とかになってるの見ると、ハァ?って感じはするけどね。ま、信仰と政治はべつものですから。



んでさ、創大生に多いのは、なにかあると「先生なら、どういうか」「創立者はこういっている」とか、そういう切り札を持ち出すことで、いろいろな場面で無理が出るのさ。

そもそも社会では、利用すべきは人の能力であって、気持ちを利用してはいけない。

この気持ちを利用するというのは、池田先生という絶対的な、まあ、いわば防波堤ね、それを盾に取るというかなんというか。


たとえば創大生で、学会嫌いの人でも、池田先生の悪口とか批判まですると、それはもうどえりゃあことになる。

だから学会の悪口を言っても、池田先生の悪口はいわないもの。

そういう池田神話、池田絶対論という気持ちを巧みに利用する手合いが、あたしのときは多かったのさ。





かな~り、話がそれるけど、学会の組織運営もそんな風に見えるな。


あたしはあの手荷物検査、非会員の立場で、いわばお客様、ゲストとして呼ばれていったのにかなり細かくチェックしやがる。


文句言うと、「学会にたてつく気!?」ってオーラぷんぷんで、周りの人もやましいことないのならみせろといわんばかりの視線。


こういう「あ、ここに逆らうとえらいことになるんだ」と思わせる、いわば気持ち、これを上手に利用しているように思えるのさ。


だから学会とは関わりなくないのさ。



しかしさ、人の家、訪ねていって手荷物検査されたら、どんな気持ちする?

そういうのわからないのかな?


あら? もしかして、すすんでなんでもいわれたらハイハイっていう人間かどうか、チェック&テストされてるのかしらん。


でもね、今の時代、形態にも録音機能あるし、撮影だって、できちゃうわよ。


学会本部の方も、このブログみてるんだったら、本気で学会をよくする気があるのなら、そういうこと考えてみて^^


でも、このブログみているのダレだろう?


広報室か広宣室ってところかしら?

広報室長ってH副会長だわね。よろしくご検討お願いしま~すっ!(学会風に)
[PR]
# by sinanamachi | 2011-10-06 02:06
熱心な会員の人だったけど、こんな悩みがあるといってた。


「もし創価学会絡みの事件があったときに、それを報道するのは辛い。またそうした情報を察知した場合、職業人としての倫理と、学会員としての倫理、それを報道することで学会が不利益になる恐れがある場合は、学会の組織や本部に連絡すべきかどうか」


って。


これってさ、たとえばキリスト教とかほかの仏教の信者だとそういうことで悩まないわよね。


なんだか聞いてて辛かったわ。

ちょっと血が濃くなりすぎたんじゃないかしら。


そういえばオッコツさんへの電話盗聴事件、あれは聖教新聞では、コラムかなにかで「社会に迷惑をかける云々、去れ」とかそんなのがあったけど、どうなんだろう?


裁判の結果はよく知らないけどさ、たしかに創価学会本部が指示したことではないにしても、学会の役職って、かなり多くの学会の人には重たいからね。

学会のことではなく、プライベートで、といっても、学会の中で生きている人にとっては、それは学会の指示、命令とおなじかもしれないわね。


あたし歴史がすきなんだけど、なんだか2・26事件のときに、反乱軍についていった兵隊さんが「将校の命令は陛下のご命令と同じです。いわれたことをしただけなのに・・・」って、いっているのとおなじ構図じゃんよ。


切ないわね。


もうさあ、学会も、中のメンバーとかどうとかいってないで、宗教は宗教、仕事は仕事、また学会でマスコミとか携わっている人の言論や、あたしのブログチェックとかも、やめなさいよ。

みていてみっともないわよ。


あと、なに検索で「創大生 股ゆるい」って検索したの誰(笑)。


あとで何言われてもいいように、ログと検索ワード写真撮っといたけど、時間も時間だし。^^;

言論の自由を謳いながら、言論を統制するようなことは、してないでしょうね?



あたしが創価大時代、ある学生が「自分はマスコミに行きたい。新聞記者になりたい」って、いったら学会の組織高の幹部が「お前は、マスコミに行くというのなら創立者の手ごまになって、どうたらこうたら」って、ほざいて結局、その人を悩ませただけだったっていう話も聞いてるわよ。


白蓮とか、キンジョウ会だのセイジョウ会だのの内幕もそのうちUPしたげるわ。
[PR]
# by sinanamachi | 2011-10-05 22:47
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111002/crm11100212000002-n1.htm
(下)芸能界との関係「恩恵受けること一つもない」
【山口組組長 一問一答】(上)

産経新聞のwebから



ここでさ、

「末端の組員の一部不届き者たちが禁止事項を破り、われわれの目を盗んで己の欲望を満たすために任侠道の名を汚していることは紛れもない事実。」


というところ。


これってさ、どことはいわないけれど、上はまともな人もいるけれど、末端の一部不届き者が、禁止事項を破り、己の組織内での立場を得たいとの欲望を満たすため仏法の名を汚していることは紛れもない事実と置き換えて読んじゃったわさ^^;;


あ、でも、上がう○こというくらい腐っているって、人も中から聞いたけど。


どことはいいませんよ^^;
[PR]
# by sinanamachi | 2011-10-05 00:08
こういう人たちを上手に使っていかなければ創価大学の意味はないとあたしは思うわけさ。


よく学会批判でしられたオッコツさんとかをぼろんちょんにこき下ろしているが、ああした反学会の急先鋒も創価大で輩出したことにも意味があるんじゃないの?

大学と学会はベツモノだが、密接な関係があるのであれば、それをうまく活用したほうが双方にとって得策かなと。


ただ学会の人は意外にもネットワーク広いから、ちらっと耳にしたことがあるけれど、オッコツさんや週刊新潮とか週刊文春とかとも繋がりがある人もいるというけどね。


そうでなければあの全国男子部長解任劇、学会の雰囲気を知っている人からみると、流れるわけないもの。


そのあたりは学会のほうも保険かけているんじゃないかしら。


もちろんあたしはそれが悪いなんていってないですよ。組織防衛、危機管理としては当然のお話です♪
[PR]
# by sinanamachi | 2011-10-04 23:57
だったらさ、中国とのパイプ活かして北朝鮮の拉致被害者問題への解決にも尽力されないのかしら。

そういう話は、あたしは聞かないわね。。。
[PR]
# by sinanamachi | 2011-10-04 12:36

創改連だったかな?

あたしが創大にいた当時、創革連とかというサークルというか集まりがあったな。


これは池田先生の理想を突き詰めれば共産党になるとかなんとかいってたグループで、ロビー展とかでその
主張とかみていると、それなりに筋は通っているといえば通っていたけど、大学の中では、ちょっとつまはじき気味だったとあたしは思う。


なんでも大学職員の間でも、いろいろ意見があって、速攻でやめさせろとか、言論と思想の自由があるので、無理に押さえつけられないとか、まあ、ちょっと騒ぎだったみたいだけど、門外漢のあたしからすれば「おもしれえ!」って感じだった。

別にいいんじゃないの? 


でも、いつの間にか消えてたような。




それより度肝を抜かれたのは、SWLSとかというサークルだったかな?

なんかマスコミ研究会が雑誌研究会の小冊子に広告を載せていたのだけど、このSWLSだったかなんだったかは、

Soka Woman love の略。


レズビアンの人の集りとか、そんなんだった。


当時はメールとかもない時代だから、私書箱で興味ある人は連絡先を送り、集ろうというもの。

もちろん集りはファミレスを使うなど考慮しますと書いてあったな。

まあ、活動が軌道に乗ると、学内でも集ろうとか、そんなことが書いてあった。


あたしが驚いたのは、これはレズビアンというものを研究するのではなくて、レズビアンという嗜好の人が学内で相手を見つけるためのそれだったから、さあ、驚いた!


でも、誰かいってたけど、あたしが大学に入る前は、ホモの人のそういうサークルも学内にあったけど、学生部長の先生か誰かが、カンカンに怒って潰されたとかなんとか。

このホモの人のサークルは、きっと眉唾物だと思うけどね。


さすがにSMとかロリとかの相手探しのサークルは、なかったなあ。


つーかさ、わざわざ学内でそんなことしなくてもいいじゃん、と、あたしは思うけど、でも、やはり創大生同士でそういうカップルを望む人も、まあいるんだろうね。


おそらくいまの創大にはそんなサークルや集まりはないと思う。


だって、ネット時代だし、わざわざ学内でということもないでしょ?
[PR]
# by sinanamachi | 2011-10-04 02:09

本部職員の学閥は?

創価大卒だけだと主流には乗れないわさ。前にも書いたけど。

一番いいのは、学園(できれば東京)で、東大蹴りの創価大、院まで行けばなおよし。かな。

でも学園から東大や京大、早稲田、慶応クラスもなかなかコースに乗れると思う。


ただ創価大を出ただけだと、ちょっとインパクト弱い気がする。

そう考えると学園生は強いわさ。


知ってる人で未活の人でも、活動している会員が勧誘とか連れ出しを断る文句で、

「あたしは本部にいる創大の先輩からの特命で」

とかいえば、地方の学会員さんなら黙るって聞いたよ。


組織なりなんなりに創大出身がいても有名企業勤務とか弁護士、税理士とかそんなお仕事している人なら、やっぱり組織としては扱いにくいみたいだしね。

ほんとに本部とかにあれこれいわれるとうっとうしいって心理じゃないかしら。


話それたけど、本部狙ってる人いたら、やっぱり創大がいいのかな。あと学園なら東大、京大に行かなければちょっと苦しいと聞いたことがある。


本部でも、地方なら別に東大や京大でなくても大丈夫みたいだけど、やっぱり創価学会で生きていくなら、創価大卒っていうのもひとつのキャリア資格だし、これがないともう支部長とかにはなれないんじゃないかしら。

実際、大学で学んでいない支部長とか婦人部長は、創大卒女子の扱いは、お姫様というかキャリアをお預かりしているって雰囲気は、あたしからみてあるわね。

でも、あたしがもしいまから学会に入ってもさ、あんまりのびしろとうまみがなさそうだし。


外からウォッチしているのがいいですっ!(ビシッ キリッ)
[PR]
# by sinanamachi | 2011-10-04 01:54

ポスト池田大作は?

ポスト池田大作は、池田大作でしかない。


あたしは長年、創価学会を外から見ていてそう思うな。


まず、あたしが創大生当時、輝いていたYさん(元全国男子部長)は、誰言うとなく「遠い将来の会長候補」って雰囲気だったけど、ああいうことになったから、まずアウトだわさ。


というかもっと目先の話だと、創大閥と学園から東大とかという人で考えると、正木理事長でないと、きっと創大出身が収まらないと思うけど、だからといって正木先生としてという雰囲気は、きっと創大で学んだ正木理事長も考えていないと思う。

もちろんお会いしたこともないし、メールしたこともないからわかんないけど、あくまでもあたしの推測ね。


んじゃあ、秋谷前会長とかいまの原田会長がセンセイ、師匠かというと、恐らくお2人とも、そういう感じで、今のお仕事されているとも思えない。


戸田先生から池田先生へとバトンタッチされた当時とは、時代を取り巻く情勢も雰囲気も違うし、学会の中も緩やかでも代わってきてると思う。


なので、よくXデーとかいうけれど、今は現役創大生でも「弟子として先生亡き後の創価学会を考えなければならない」とかいう時代だから(あたしのときは先生は永遠に生き続けるといってた人いたけど、それは無理でしょ)、まじめに創価学会の将来を考えると、師匠から弟子にバトンタッチしてというのは、池田第3代創価学会会長で終わり。


それ以降、そして池田先生がお亡くなりになったあとも、その時々の会長さんなりが、


「池田先生はこう指導されている」


とかいいながら、創価学会を続けていくのではないかしら。


なのでよく雑誌とかで、創価学会の指導者は?とかあるけれど、それは第4代の北条会長だっけ? あと秋谷会長、それから原田会長みたく、きっと誰が会長になっても、あくまでも師匠は池田先生なのではないかしら。

あと、池田先生の息子さんがどうとかというけれど、そういう世襲は否定してきたのだから、ないとは思うけれど、とはいえやはり池田先生の息子さんなんだから、学会としては、ただなにもなしというわけにもいかないと思う。


だから、池田博正さん?は、「父・池田大作の肉親であり、語り部」という立場で、表には出てくるけれど、実務というか、そういうことには携わることはないのかなと、あたしは思っている。



んでっ、原田会長の次は誰が会長かとか考えたけど、知らないんだよね。

もしかしたら創大出身の正木理事長という話も数少ない大学時代の友人から聞いたけど、それもどうなんだろう?


ただ、Yさんは、ああいうことがなければ確実に遠い将来の会長になってたでしょうね。


あたしが大学時代のお友達で本部にいる人から聞いたのは、今の男子部長か青年部長かのHさんが「遠い将来の会長候補」という感じかなと聞いた。


もちろんこの方が会長とかになっても「先生」と呼ぶこともなければ、ご本人もそれを辞退されると思う。

やはり池田先生のご指導では云々という指導になるんじゃないかしら。
[PR]
# by sinanamachi | 2011-10-04 01:43
創大や学園、その以外の出身の人も、ちゃんと返事が来るかどうか、試してみる感じで^^

だいたい送ってから2週間後に返事が来る。電話だけどね。


「ありがとうございます。くれぐれも皆様によろしくお伝えください」


がほとんどだけど。



あと手紙だけでは心もとない場合は、3000円相当以上のプレゼントをつけておき、
それを3回もすれば、そのうち1回は、センセイからのご伝言が届くと、あたしは過去の経験からみてます。


ざっと1万円の出費で、あの池田大作からの伝言が貰える。


これを高いと見るか、安いと見るかは、あなたの気持ち次第。
[PR]
# by sinanamachi | 2011-10-03 20:57
大体の人が池田先生にお手紙を出すと、返って来るのが、次の文面だろう。


「有難うございます。くれぐれも皆様に宜しくお伝えください」


が基本。


これにちょっと色をつけると、


「真心を頂戴しました。有難うございます。くれぐれも皆様に宜しくお伝えください」


とか、だいたいそんな感じ。




一説によると、創価大や学園出身者は、お手紙だけでもその内容がしっかりしていればお返事が来る。


もちろん、多くの人は、なにも池田先生が直接言ったのではなく、お付の人、恐らく1庶務あたりの人が、代理で言ってるのだろうというのは、なんとなくわかるが、それでも返事はくることがほとんどかな。


なお非会員でも、お手紙を出すと、信濃町か近所の会館からその伝言を伝えてくれる。


あたしはそれが悪いなんていってませんし、気にしてませんから^^;


あと、モノを送る場合は、食べ物はダメ。


そらそうでしょう? やはり食べ物となると、ちょっと受け取るほうも困るでしょうし。


物品なら、ネクタイとかセーターとか送れば、そのお手紙の内容次第で、伝言だけではなく、本とか数珠、それからお菓子、そのほかの三色グッズが届く。


これは大学や学会で売れなかったものが届くという口さがない人もいるが、モノを頼まれたから送っても例を言わない信濃町のエリート官僚よりははるかにマシな対応。


あと、未確認だが、仮に創価大生や学園生が1回お手紙を送ると、お返事が届くのに対して、
創価大や学園で学ばなかった学会メンバーは3回か4回に一度という説がある。


そういう差は、たしかにあるかもしれない。


なお、ほんとうに池田大作先生は、送ったこれら手紙を読んでいるのかどうかという話もあるが、たまに読んでいることはたしか。


その手紙と送った物品の内容が、間に入る、恐らく1庶務の人が上に上げ、そして先生に届けば、その場合は、直接、学会の職員なりが、伝言とプレゼントをわざわざ届けてくれる。

もちろん非会員の創価大卒でも地元の学会職員なりなんなりの方が渡してくれる。


聞いた話では学会の人は、池田先生に手紙を書くときに、組織と呼ばれる地元のグループに相談して文面を練り上げるそうだが、そんなことしなくても、普通に勝手に出せば、よほど変な内容ではない限り、何かリアクションがある。


なので、勝手にお手紙を出す際は、ある副会長の子弟も話していたが、気に入らない先輩や揉めた幹部を名指しして「立派な先輩」とか、あれこれ調子こいておけば、ちょっとした重し、皮肉としても活用できるのでおすすめ。


あと伝言のほか、プレゼントを貰うには、それなりのプレゼントを包んだほうがリアクションがいい。

もっともそれはあまりに高価なものではなくともネクタイとかYシャツとかそんなものでいい。


送ったプレゼントの額の1掛けくらいの額のプレゼントが返って来るのは確か。
[PR]
# by sinanamachi | 2011-10-02 22:09
ちょっとこいつどうかな?と思う幹部とか職員を名指しして、いい人です! この先輩と異体同心の団結で頑張ります!

とかって調子こいた文面で送ると、その名指しされた方、なんか上司から褒められるみたいで、すごい喜ぶって、前に聞いたことがある。


こいつはこんなに悪い幹部です、ではなくて、この人は素晴らしいのオンパレードの褒め殺し作戦ってわけね。


ご参考までに。
[PR]
# by sinanamachi | 2011-10-02 00:51
実は、池田先生にお手紙を書いたことがある。

2週間くらいしてから、創価学会本部の方と名乗る方から、ご伝言といってきた。


別に、池田大作本人から直接ではなくてもさ、ちゃんと返事をくれるってのは嬉しいよね。


でも信濃町にお勤めの職員さんにお手紙やいろいろ物品を送ったことがあるんだけど、返事を寄越さないのよね。


お忙しいといわれる池田先生からはお返事来ても、職員からは来ない。


お忙しいのね。きっと。


でもさ、地方の職員は、みんな丁寧だよ。



信濃町って、ちょっと独特な雰囲気。
[PR]
# by sinanamachi | 2011-10-02 00:47
乙骨正生といっても失礼ながら、世間では、あまり知ってる人はいない。


でも、創価学会に関係している人なら、まぁ、ほとんどが知ってるかな?



んでさ、このオッコツさんを有名なジャーナリストに押し上げた最大の功労者って誰かな?って、あたしは考えてみたわけさ。


どう考えても、創価学会さんだよね。きっと。





公称・550万部の機関紙で全国に、オッコツ氏について、あれこれ長い間書いてたけどさ、あんなのって、もう創価学会から離れている人からすれば、叩かれれば叩かれるほど、勲章になるわけさ。


そんでもって、世間の学会とは関係ない、会員からマイ聖教だったかなんだか知らないけど、頼みもしないのに家に届けてくれるような聖教新聞を、たまに開いてみたら、


「オッコツ、大学時代になんちゃら、かんちゃら」


と、読んでるほうが、気分悪くなるような、それこそ3流週刊誌も驚いて逃げていくような話の羅列。



あれ読むと、創価学会と関係のない人は、


「これだけジャーナリストと名乗る人を、人格面で叩くってことは、ちょっとこわいな。もしかしたらオッコツという人の指摘は学会にとってかなりきわどい話だから、こうやって叩くのかな?」


と、思うわけさ。



もっというと、叩き方もジャーナリストとしてのオッコツ氏への記事への反論はほとんどなく、人格面をボカスカでしょ?



それって、どうもてもオウム真理教が江川昭子を叩いたときと一緒じゃんよ!


学会側もさ、自分が正しいなら、黙って、何言われても、沈黙を貫いていたほうが、組織の法を下げずに済んだと思うよ。


あきらかに違う事実については、訴訟するなりなんなりすればいいんだろうけど、
どうもみてると、あたしから観ればの話、なんかとにかく訴訟してって、感じで、そこに真摯な対話とか、言論での反論とか、あたしは、あまりみかけてないのよね。


そこがちょっと残念かな。


かな~り、話それたけど、創価学会の機関紙である聖教新聞が、オッコツさんを取り上げた記事内容、回数を経済効果として考えるとどのくらいになるのかしらん?


550万部の聖教新聞に、ぶちぬきで2面くらい、たとえ悪口でも、いわばさ、文字を書くタレントのオッコツさんを取り上げたってことは、オッコツさんにとっても喜ばしいことだよね。



そう考えるとさ、「創価学会批判で知られる宗教ジャーナリスト、オッコツさん」を有名人に押し上げたのは、ほかならぬ創価学会さんなんだよね。



つーことは、オッコツさんも、有名にしてもらったお礼の意味で、すこし財務でも包んであげたら?^^::


喜ばれるかもよ!(^◇^)
[PR]
# by sinanamachi | 2011-09-30 19:05